top of page
  • risayoga2006

りさのヨガ物語⑬新たな気づき

ついに最終回!

⑬はわたしの誕生日の数字だからキリよく締めます!笑


これまでのお話〜りさのヨガ物語〜





そんなこんなで結局ヨガの講師に舞い戻ったわたし。

すべてを一度手放したからこその今でもあり、その時に学んだこと。


一生懸命やることも大切。

目標をもってやることも大切。


でもね・・・


物事をこんつめて苦しむより

時にお休みにして全力で遊ぶ自分の余白時間を取ること✨

自分らしくあること✨

がなにより大切だと学びました。


一旦手放してみたからこそ循環できる余白ができて、また新たなスタートが切れた時わたしには不思議な出会いがたて続きました。


それは例えばスターバックスのアジアのコーヒー豆を管轄するメイジャーさん(スターバックスの中では超重要人物!)だったり

「誰かに伝えるとは、その人の学びの扉を開くこと」

今でもこの言葉は大切にしてる♡

コスタリカ🇨🇷で感動して泣きかけた...

ギネスの最年長ヨガインストラクターに載ったタオさんだったり

(この方のクラスをどーしても受けたくてNYCに行った。ヨガを伝えることの素晴らしさを説いてくれた♡)



会社員でもがき苦しんだら

会社員を辞めてほぼ休みなしで動き回ったり

名古屋のヨガインストラクターは人を集められない!と言われて悔しかったり

いろんなインストラクターと比べて、自己肯定感の低さに凹んでみたり

インストラクターとしてもそれなりに苦しんだし沢山逃げだけど



今思うと苦しみや悲しみや、もやもや、や辛さ。

これらはぜーんぶ自分の本来の姿に気づかせるためのメッセージだったのかなって。

何度も何度もそのメッセージを受け取りながら、自分を認め楽になる生き方を選択せずに自分を否定して自分はダメな人だと余計に苦しみを生み出してきたのはまぎれもなくわたし自身でした。




場所に縛られていたこと。

人気に縛られていたこと。

プライドだってたくさんたくさんあったけど、



本当に魅力のある人はどこに住んでいようと何をしていようと関係ない。

そんなことに囚われているのはいつだって自分自身である。

と気づいたのはこういった経験があるからです。



これまでもヨガを学んできたのに

だから伝えたいと思っていたのに

結局自分が誰よりその教えを実践せずに苦しみ

結局自分が誰よりその教えを実践して楽になりました

おもしろいですよね♡



ヨーガの教えでは私たちはどの存在も【アーナンダ(至福)】の存在である。

というけれど本当の意味でそういうことか。と分かり始めたのはここ2〜3年のお話😌



この流れの後、わたしはたまたま受けたインド占星術(ジョーティッシュ)のマハヴィルさん(北海道在中)に

「りさはヨガを伝えるために生まれてきた」

「前世はチベットでヨガ行者だった」

という鑑定結果を頂き、だからヨガを始めたあの時からずっとヨガと離れることができなかったのか。と納得すると同時に、自分の使命を改めて考え直しました。




ずっとヨガを好きと言えなかった。

なぜならヨガはわたしの当たり前の日常で好き嫌いと判断できるものではなかったから。

その生き方はわたしそのものを活かす生き方だったから。



ヨガのある暮らしはわたしそのものを活かす暮らし。

あなたそのものを活かす暮らし。



これからも残された命の灯をヨーガの教えとともに暮らし

それをもとにこれを今読んでくださるあなたにも

ほんの少しの暮らしのエッセンスとしてお伝えできたら幸いです♡



長い長い物語を読んでくださりありがとうございました♪

最後ははしょった感満載ですが(笑)今後ともよろしくどうぞ^^


Hari om tat sat...🙏✨



今回の教訓

・時には流れに身を任せることも大切!

・あなたはあなたわたしはわたしみんな違ってみんないい!

 

現在の募集中の講座情報✨

3月分の個人セッション(残2)

こちらはヨガを仕事にしたい方(既にしている方)のサポート向けです。

いろんな経験をしてきたからこそサポートできることがあります。


現在イントラ以外の方のセッションを作っていますのでそちらはしばらくお待ち下さい^^


フォローしてね♪

毎朝のインスタグラムの言葉や最新の更新情報はこちらでも流しています。



耳からヨガの考え方を✨マイペースに更新中(週1で音声アップはじめました♡)










閲覧数:136回0件のコメント

最新記事

すべて表示

春分の日に思うこと

春分の日。 暦の上で春のスタート✨ 宇宙元旦とも言うらしいけど 実はあまり大事にしていない(笑) 冬の苦手な私の冬眠明け!ぐらいの認識 だったのに・・・笑 2024年はちょっと違った(笑) 前日父の誕生日と祖父の命日で祖母の家に行き、実家に行った私。 なぜか実家に泊まることになり。 朝ゆるりと迎えたら突然母の提案。 「服の入れ替えしたら?車使って荷物運びなさいよ!」 たしかに・・・ ダウンコートや

価値の押し付け合いをしていないか

わたしと相手は育ってきた環境が違う 育てられた人も違う だから当然同じ価値ではない わたしと相手は 同じ親に育てられても そもそもの個性が違う すると当然同じ価値ではない 自分の価値観も大事だけど 相手の価値観も大切で 自分の中でどこまでが許容範囲で どこまでが許容範囲外なのか 時に見極めることも大切な気がします。 Aさんにとっての当たり前は Bさんにとっての当たり前ではなくて どちらが正しいとい

Коментарі


bottom of page