top of page
  • risayoga2006

ディズニー新作【マイエレメント】のメッセージ



絶対見に行く!!!

と決めていた映画【マイエレメント】



もうねぇ・・・

ウェイドに惚れる!!!!!!笑


何この優男・・・いい男すぎる・・・すき。笑





自己愛・家族愛・パートナーシップの愛

それぞれの愛の形が色んな角度から表現されているいい作品でした。



ひとまずハンカチが絞れそうなほど泣いた(爆笑)



自分を活かして生きることが

自分の本音を語ることが

結局人間関係において一番大切で✨



どれだけお互いの立場が違ったとしても

だからこそ作り上げることができる世界がある。ということを示してくれる映画。




個人的にいろんなところが

自分の経験ともろに被り

まぁ泣く泣く(笑)




昔わたしに「りさは笑っていてほしい。やりたいことをやって。」と言ってくれた彼がいたな〜。とか。


プンスカ怒ったり、疲れて泣きかけても「いろんなりささんが見れて嬉しいよ。」って受け入れてくれる人がいるな〜。とか。笑


自分がやりたいことを見つけられた時に親に「できるわけがない!」とめちゃくちゃ怒られたこともあったっけ。(絶対見返す。と思った。笑)



なんだかいろんな過去の自分を回想しながら見た映画。

久々に見終わった後に心がほこほこ♡

あったかくて♡




結局自分が自分に素直になることで

全てがうまく回るんだよね♡

分かっているけどそれをまた見せられた気がするのです。




周りの人を大事にしよう。

いやもっと大事にしたい♡




そう思わせてくれる映画でした。

愛♡ってすごいね〜♡


こんなにほこほこの気持ちにさせてくれる♡

ありがたい♡



みなさんも大切な人とぜひ!

※ちなみにわたしのようによく泣く人は化粧が崩れるのでそこも加味してぜひww









閲覧数:92回0件のコメント

最新記事

すべて表示

価値の押し付け合いをしていないか

わたしと相手は育ってきた環境が違う 育てられた人も違う だから当然同じ価値ではない わたしと相手は 同じ親に育てられても そもそもの個性が違う すると当然同じ価値ではない 自分の価値観も大事だけど 相手の価値観も大切で 自分の中でどこまでが許容範囲で どこまでが許容範囲外なのか 時に見極めることも大切な気がします。 Aさんにとっての当たり前は Bさんにとっての当たり前ではなくて どちらが正しいとい

bottom of page