• risayoga2006

夢と現実の不思議なお話〜これからのパートナーシップと子供達〜

2月4日の立春の日に素敵な場所にお導きされました。



そしてその後不思議なメッセージがやってきます。

例えばその一つは家族とパートナーシップのお話。



主にこんなメッセージでした。


これまでこの世の中では他人との共存のために結婚という制度があったらしいのですが

これからはお互いの成長の一つとして存在するため、どちらかのペースについていけなくなったらそのまま関係も終わるということ。

そして別れは何も恥ずかしいことではないということ。

逆に成長が止まっているのに執着をして偽りの関係で一緒にい続けることはお互いのために良くないということ。

そのためにこの世の中の仕組みを学び共に成長する意識を忘れちゃいけないということ。

どちらかの精神の高さが相手を目覚めさせるがこれまでの頭でっかちな社会意識から抜け出せない人はそれまでなので変えようとせず理解しきれないなら喜んで別れを迎え入れること。

逆に否定的だった人がそんな世界もあるのか!と受け入れられるようになるとそのパートナーシップは大幅に成長するので高めあっていける。

自己の精神性のレベルがある程度成長している人は必ずしも結婚の制度にとらわれないほうが良いということ。

そういった人たちがパートナーシップを結ぶ場合は世の中にそれらの気づきを与えるために一緒になる場合はあるとのこと。

少なくとも制度社会はいずれ崩れていくため、制度に縛られない意識が大切。

これから生まれてくる子供は2パターン。

親の精神性をサポートするためor運命共同体としてその家族の一員として世の中に気づきをもたらすため。

これまでも精神性の高い人は婚姻や子供をあまり望んで来なかったが、世の中に気づきをもたらす人を迎え入れるために子供を持つ可能性があること。

etc・・・



夜中の3時から約4時間。

このようなメッセージが止まらなくて今私が覚えている範囲書き出しました。

一番伝えたかったのは世の中の型にはまった常識や制度的なものに縛られて生きることや

「結婚したい」という理由で結婚する時代は終わりを迎えているということ。

それ以上に自分の魂の成長に相手がふさわしいか。を見極める能力をつけるように、って。

また「子供がほし」も同様で、これから子供の数がまだ減るそう。

というのも伝えに来る役割があって生まれてくるので、むやみに人間を増やす(人口を増やす)という時代が終わりを迎えていくそう。

だからこそ生まれてくる新しい命をみんなで大切に育てていくのですって。


出産も一つの役割がある人が担うらしいです。


おもしろい〜〜。

今までの価値観とまったく違うよね!


これまでは結婚することが、子供を生むことが、縁側でおじいちゃんおばあちゃんがゆっくりお茶をのむことが幸せだと思われてきたのだけどわたしの受けたメッセージによると


それ、全部


プロモーションだから!!!


だそう。笑

CMや広告でそれが幸せと洗脳してきた結果が潜在意識に染み付いてそれがさも幸せなように操ってきただけ。

これからは違うから気づいたほうが良いよ!って。


※この地点でわたしも若干パニックww確かに言われてみれば小さなときからTVのCMなどで洗脳されてきてるのかも・・・笑


なのでそれらに踊らされないようにすることが大切なんだそうです。



ちなみに現在TVなどを持たない人も増えているけれどまさにこの戦略から少しずつ離し、みんなが真実を自分で選択できる時代に突入しています。

そうやって操作しているらしいです(私達よりも大きな力が)



これまでの常識を時に疑うべし。



そう言ってメッセージの伝えては去っていきました。

不思議な経験でしたが、わたしも忘れそうなのでここに記録しておきます。

数年後に見たら予言BLOGになってたりして・・・・www





閲覧数:61回0件のコメント

最新記事

すべて表示