• risayoga2006

私がお肉を食べなくなったわけ

更新日:7月8日

こんにちは。

ヨガ講師のりさです。


みなさんは、お肉食べますか?




私実はコロナに入った頃に辞めました。

今の所2年半近く食べていません。


理由が3つあります。

①畜産の現状を知ってしまったこと

②アーユルヴェーダの観点から

③とある時からお肉を触れなくなってしまったこと


です。


①畜産の現状

たまたまインスタで見ちゃったんですぅぅぅ・・・(T_T)

牛さんや豚さんや鳥さんがどうやって私達の元にやってくるのか。

という流れを・・・(貼りたかったけどうまくできなかった。残念無念...)



そしたらね・・・食べれなくなりました。(単純ww)

ちょうどまた数年ぶりにヨガの観点からチャレンジしようと思っていたのでグッドタイミングってことでww



でも実はそれだけじゃなくて今回は続いているんです・・・



②アーユルヴェーダの観点から

実はこれが大きな原因です。

とある日、実家でハンバーグを作りました。

ちゃんと名前の通ったお肉屋さんで購入した合いびき肉で。

わたしハンバーグ大好きだったし、得意料理の一つだったんです。



でもね、事件はその夜起きました。



普段ほとんど吐いたり、お腹を下すことがない私が真夜中3時にトイレに駆け込みました。

1時間近くトイレから出れなかった。

めちゃくちゃしんどかったです。



で、その日実は母も同じ時間にトイレに駆け込み吐いて、お腹下していたという・・・ww

 

さすがにおかしいぞ??

と思ったので自分のアーユルヴェーダの先生にこのことをお話しました。

するととんでもない事実を聞いたんです。



「人が食べる部分の牛肉は、牛たちに打った注射の抗生物質が溜まりやすい場合が多いです。」と。



私はもともと添加物ってあまり取りません。

必要以上に注射も打ちません。

インフルエンザもならないから注射は打たないし、基本的に絶対のもの以外は身体にいれないようにしているの。

薬もほとんど飲まないです。



そのためにこの話を聞いた時に、自分が気をつけている意味がないし、動物に打っている抗生物質を「食」を通して取り入れる怖さを感じました。



しかも安いお肉じゃないのよ!?!?!?

この話を聞いた時にちょっと避けよう。と思ったのも一つです。



③とある時からお肉を触れなくなってしまったこと


そんな感じで1年ほどお肉を食べずに過ぎた頃・・・


ついに時は訪れてしまいました・・・


お肉を調理する機会がありました。

(わたしは食べないけどね。)


そしたらね、自分の太ももに包丁を当てている気分になってしまって。

何をやっているんだろう。という違和感・・・(T_T)



そしてその後肉売り場に行くと泣けたり、苦しくなってしまう。



どうやら1年食べていない間に動物たちの執念を受け取るようになっていまいました。(敏感すぎへんか?笑)




いや、、、もう、、、食べれへんやんww



こうして2年半近く。

困ったことはほぼなく。

お魚は島や外食に行ったら食べます。

普段は豆腐や大豆ミートです。



この生活がはじまって、一応ヴィーガン用の鉄分のタブレットだけは飲むようになりました。意識的にデーツやビーツなど鉄分が取れるものやタンパク質が取れる食材をとっています。



みなさんにこのスタイルが合うかは分からないし、でも少なくとも最近思うのはほんの少しお肉を食べる日や量が減るだけで地球の温室効果ガス削減できるな。

必要以上に殺されてしまう動物が減らせるな。

もっとのびのび育ち、ゆっくり育った動物をほんの少しだけ頂く高価なものになるほうが動物愛護の観点からもいいんじゃないかな?

そんなことを感じてみたりして。




これはひとつの選択です。

でもね、今後を考えたとき。自分の身体のことを、地球のことを考えたとき。

知っておくといいこともありますよね!



(ヨーガで牛くんはシヴァ神の乗り物と言われます。)


そんな感じでBBQもできないし、焼き肉デートもできないけれど(笑)

その代わりに自分の感覚も鋭くなったし、必要な情報をキャッチしやすく流れに乗りやすくなったし、相変わらず健康なのでいいこともあるなって思います。



あと、以前お肉食べなくなったのにレザーを身に付けるのも気が引けましたが、もはや買ってしまったのならば使い古さないと動物に申し訳ないな。と思うようになり、ここからは購入は控えるけれど今使っているものは最大限使い倒そうと考えているょ☺️



ここまで書きましたが、人によってへぇ〜!という方も、私は好きだからやめない!

という方もいろんな方がいると思う。ぜんぜんどっちでもいいと思う♡笑

まだ地球環境の面で考えたら少し減らすのも地球に優しいかもやけど・・・



でもね、私ここまで書いて気が付きました。


小さい頃からお肉が好きだと思っていたけれど・・・



肉の味が苦手でした(爆笑!!)



茹でた鶏肉はお肉の味がするし(笑)

豚肉はいつだって豚さんの味がするし(笑)

牛肉の脂はいつだって私の体調を悪くしていてww

結局いつも濃いソースや調味料の味で頂いていただけで

素材そのものの味は動物臭くてだめだったのである・・・

さらにジビエは高級食材なのにビビるぐらい食べられない。




つ・ま・り




自分の食べてきたものは味をごまかして食べていただけで

素材そのものの味が小さい頃から苦手だってって話。笑

よってより自分が純粋な状態(?)、生まれたときのバランスいい状態に戻っていく過程で味覚が戻っていくのも必然立ったのかもしれません。



人は本来の生まれたときの状態(特に外のエネルギーを入れないとき)のバランスがとってもいいので、そこに戻す過程においてどうやら食の改善も見直すといいみたい^^


小さい時どんな食べ物が好きでしたか?

わたしは記憶のある幼稚園児の頃から精進料理がだいすきだったので(小さい頃から甘辛く煮たお揚げやお出し、高野豆腐やがんも、海苔が大好きだったwwおばあちゃん?笑)結局そこに落ち着いたってわけ。笑笑


よかったら参考にしてみてください♡



閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示