top of page
  • risayoga2006

私はヨガと共に生きている(5年前の私へ)

こんにちは。

ヨガ講師のりさです。




最近思うのだけど、わたし、BLOG書くのがやっぱり好きです。



移動が多い生活をしていると、ついついBLOGの更新が1ヶ月先、2ヶ月先に伸びてしまうのだけど、書き始めるとネタが意外と多すぎて(笑)書きとどめておくことって大切だな。と思っています。



さて、先日久々に過去のBLOGを読みました。

そこにはこんな文章が書いてありました。



2017.10のBLOGを引用

───────────────

最近いかに生活にヨガをフィットさせるか。

というのがわたしのお伝えする目標で。

(いやもともとそうなのだけど)

ヨガって生き方の指針みたいなものだからこそ

ヨガをする!

ヨガに行く!

ではなくて

【ヨガ的に生きる】

この言葉がフィットします。

あくまでわたしの感覚で

ヨガをする! ヨガに行く!

はホットヨガなどの美容のイメージ♡

で、

【ヨガ的に生きる】

これは24時間365日常日頃幸せ感覚。

これをねフィットさせたいのね。

自分にもわたしに関わってくださる方にも。


今になってわかる。

自分の先生が

私達は何があろうと幸せな存在でそれが根底なんだと。

昔は言われても

そうはいっても先生。

わたし仕事辛いし。

恋愛もうまく行ってないし。

ごはんそんなに食べてないのに太るし。

毎日しんどいし。

生きてるのもなんの意味があるのか分かりませんです。

と心の中でこっそり対抗心があったものです。

だからね、わたしが言う一言に反発してくる人の気持ちもめーーーーーっちゃ分かる!笑

そうは言っても!

って言いたくなるよね。

でもね、わたしは今になって先生のさらっと言った一言の真意に納得できます。


自然のリズムから離れるから

反発していたんだよね。

会社員が向く人もいれば

フリーランスの方が向いている人もいる。

どっちも素晴らしい。

結婚する人もいれば

結婚をしない人もいる。

だからといって別に何も変わらない。

子供を産む人もいれば

産まない人もいる。

子育てしていないからあの人はなんてこと言う人の心の狭さを疑う。笑

別にどっちでも

あなたはあなた

わたしはわたし

なのだと。

できれば目の前のものに優劣つけず

そのままその人を見ていたい。


OFF The mat


マットの外でいかにヨガ的に生きるか。

やっぱりこれが大切なんだってわたしは思う。(BLOG一部抜粋)

───────────────


拍手喝采!!!!笑



5年前のわたし〜〜!よくやった〜〜〜!笑

いや、もう、伝えてること何も変わってないやんww

っていう笑いとすごさ。



そして



あぁ、いろんなことがここまであったけれど

わたしの根本は本当に変わっていないんだ。という安心がありました。



私が会社員をやめるのには理由がありました。



伝えたかったからです。ヨガを。ヨガのある暮らしを



まだまだ未熟なところもありますし

成長の余地ありだな。(笑)

そんなことも思ってる。


でもね、根本的なところが変わらない安心と昔からあった確信。



【いいことや必要とされていることはどれだけ時間がかかろうと必ず広がる時が来る】



だから絶対辞めないし、伝わらないからって諦めなかった。

そうやってフリーランスに入り7年目になったのかな?(多分)



この世の中は何かとスピードを求めるけれど

スピードがすべてでない。



じわりじわりと広がることだってある。

何年も何年もかけて染み渡ることがある。



だからやりたいことがあるのなら。

伝えていきたいことがあるのなら。

諦めないでほしい。



わたしが今また手掛けていたり、やり始めていることもまた時間がかかっていくのかもしれないけれど、これまでの経験からすべてが何年単位で動いているのでこれからもマイペースに動いていきたいって思います。



いつもありがとうございます。

今このBLOGを読んでくださるあなたとのご縁があり幸せです。



閲覧数:189回0件のコメント

最新記事

すべて表示

価値の押し付け合いをしていないか

わたしと相手は育ってきた環境が違う 育てられた人も違う だから当然同じ価値ではない わたしと相手は 同じ親に育てられても そもそもの個性が違う すると当然同じ価値ではない 自分の価値観も大事だけど 相手の価値観も大切で 自分の中でどこまでが許容範囲で どこまでが許容範囲外なのか 時に見極めることも大切な気がします。 Aさんにとっての当たり前は Bさんにとっての当たり前ではなくて どちらが正しいとい

Commentaires


bottom of page