top of page
  • risayoga2006

自分の本音から見るお金のお話

こんにちは。

職業は自分を生きること。

その上でヨガを伝えること。

世間ではヨガ講師。どうもりさです♡


 

毎日の必要な言葉の受け取りはこちらインスタ✨。

★ヨガクラス情報  〜ヨガクラス〜 11/8(水)13:30〜15:45 11/18(土)13:30〜15:45 予約&詳細▷▷予約詳細ページへ 〜マントラクラス〜 10/15(日)13:30〜15:30 予約&詳細▷▷予約詳細ページへ

 



最近ふと気がついたことがあってね。

実は昔1クラスの受講料が8000円くらいのインストラクターの人を見てわたし否定してたんです。

取りすぎでしょ。(たしか75分くらいのクラスだった。)

って。




でも、実は、、、ものすごく羨ましかったということに気がつきました。




というのも、その方はある著名人の奥様で。

その奥様というだけで人が集まってくる。



もちろんそれなりにやらないとリピートもないだろうけれど、でもなんか相場的に。。。




なんて思っていましたが、本音はすごく羨ましい。だったんだなぁ。って。




その頃はインストラクターのグループクラスの相場1時間3000円(1人あたり)も申し訳なかったり他のベテラン先生達と比べて金額をつけれなくて。

なんとか2000円を2500円に値上げするかしないか。みたいな時だったんですよね。

(たぶん4〜5年前)




今でこそグループのヨガクラスで1人1時間3000円頂くことに対して、このお金でまた学ばせてもらっていいクラスに還元しよう!って思えるけれど。

自分が金額をつけれなかった時ほど、人のつける金額を否定しちゃう小さい人間だったなぁ。と思うのです。




わたし自身も1時間1500円を2000円にして、2500円になり、3000円になる。というのを経験しながら、インストラクターの金額づけって本当難しいわ!とも思いますし、相場が3000円だとなかなか1時間のグループクラスを4000円や5000円には引き上げられない(今のところ)きっと今後もここは1時間3000円は変えないんだろうけれど。


※一般的な相場感も大事にしたい。



安くしすぎると世の中のインストラクターの人のクラス価値を下げることにもつながるし、

りさのクラス1時間で3000円安すぎない?いいの?

と言われることだってある。(正直言われたときはびっくりした。それが世間の相場感なんか!と。)

ほんっと難しい!と思う次第です。



人を見て否定したくなる時は

自分の本音を掘り下げてみる。




これってすごく大切ですよね。



今でこそ1クラス8000円の方を何も思わなくなったけど、そんなこともあったなぁ。

めちゃくちゃ羨ましかったんやなぁ。と、思えますけど。

あのときは羨ましかった。そう素直に今更だけど認められたことがちょっと嬉しかったりもするのです。


1時間の単価も何年もかけて学んで少しずつ上げてきての今ですが、ヨガの講師ってわたしは素敵な仕事だと思うので、ヨガで食べられる人が増えるといいなぁ。

そのためには価値を下げず、けれどお金に走らず、一番いいところを今後も取っていきながら進めたいなぁ。と思う限り。 世の中のインストラクターが 今後もどんどん辞めるのを避けたいなと思う。そんな最近です。 来年はまたインストラクター向け講座や個人でお仕事していきたい方向けのビジネスの講座も増やす予定✨食べられるインストラクターを増やしたい。という気持ちもまだまだ忘れてはいないのです☺️✨




だってわたしが本気で食べられない!も経験してきたからwww

でも月0〜2万は経験してマジで良かったと思ってます♡笑

しんどかったけど、今じゃ笑い話です!笑

でも決めた目標に向けてとことん走ってきてよかった✨✨


閲覧数:125回0件のコメント

最新記事

すべて表示

価値の押し付け合いをしていないか

わたしと相手は育ってきた環境が違う 育てられた人も違う だから当然同じ価値ではない わたしと相手は 同じ親に育てられても そもそもの個性が違う すると当然同じ価値ではない 自分の価値観も大事だけど 相手の価値観も大切で 自分の中でどこまでが許容範囲で どこまでが許容範囲外なのか 時に見極めることも大切な気がします。 Aさんにとっての当たり前は Bさんにとっての当たり前ではなくて どちらが正しいとい

Comments


bottom of page