top of page
  • risayoga2006

自分を好きでいられる人生を生きよう

こんにちは。

職業は自分を生きること。

その上でヨガを伝えること。

世間ではヨガ講師!どうも名古屋のりさです♡


先日伊勢にてリトリートを。

今年3回目のリトリートでございます♡


みんなが食事を食べているときに思いました。

あぁ、わたしは伝えることをやめなくて本当に良かったと。



わたし。という人間がいて、発信をし続けて、そこに共感してくれる方々ができてそして今目の前でその人達が「はじめまして」と話をしている。



なんだかじ〜〜〜んと来てしまって。


思い返せばうまくいくことばかりでは決してなくて

3年目ぐらいのときに心折れそうになってやめかけて(;_;)

しんどいって言えない経験もして。



やりたいこともぜんぜんカタチにできなくて

悔し泣きもたくさんしてきた。


それでも今、「会いたい!」と、会いに来てくださる方がいて

「学びたい!」と講座を受けてくださる方がいて

「大好き!」と伝えてくれる人がいて。。。



わたしの人生捨てたもんじゃないな〜と思うことがあります。

うまくいく人達のスピードがうらやましくて

それでも持っていきたいカタチがあってやっぱり努力もした。



そして、一人。また一人。と受け取ってくださる方が増えて

今では本当に毎日のように新たな出会いがある。

全国から、国をまたいで会いに来てくれる人がいる。

ありがたいですよね。本当に。

名古屋に居るのに名古屋の人と会う時間のが少ないぐらいwww




そしてそんな私の人生は最高で、相変わらず毎年最高を更新し続けている。



今回リトリートを通して、どんな場に身をおいて、どんな人達と関わるかって本当に大切だな!って思ったんです。

身を置く環境で「こんな自分もいいよね!」って言えることもあれば

「こんな自分なんかいや!」ってこともあるので。



みなさんは、今の環境どうでしょうか?

わたしはね、サイコーだよ!

だからあなたにもぜひ笑顔で生きてほしい。

自分が生きたい人生って本当に作ることができるから。



自分の人生しぶとく諦めず生きていこう!







閲覧数:43回0件のコメント

最新記事

すべて表示

価値の押し付け合いをしていないか

わたしと相手は育ってきた環境が違う 育てられた人も違う だから当然同じ価値ではない わたしと相手は 同じ親に育てられても そもそもの個性が違う すると当然同じ価値ではない 自分の価値観も大事だけど 相手の価値観も大切で 自分の中でどこまでが許容範囲で どこまでが許容範囲外なのか 時に見極めることも大切な気がします。 Aさんにとっての当たり前は Bさんにとっての当たり前ではなくて どちらが正しいとい

Comments


bottom of page