• risayoga2006

自然から学ぶこと



長崎県壱岐島に引きこもっておりました。(もっと引きこもりたかった・・・)

壱岐島は神話の中で5番目にできた島。

昔は壱岐国というひとつの国でした。


自然がとっても豊かで、リゾート化もされていない。

日本なのに時にここはハワイ島?海外でしょ!?

と言いたくなる風景に出会ってみたり、

お米やお刺身、お豆腐などTHE和食がとてもおいしかったり

温泉があったり

緑がたくさんあって、すぐそこに海もあって

太陽と月が出たり入ったりして

星が見えたり様々な動物と出会う

ビルもマンションもなくてほとんど対向車もいないというww

船で10分で無人島にも行けて

そして何より島内に神社が1,000近くある。そんな島です。

神道発祥の地とも言われる不思議な場所。


もともと火山の噴火でできたこの島はとてもパワフルで生きることへの熱意やグラウンディング力が異様にあがり自分軸がとても太くなる。


そんな場所に身をおいていました。



ここに行くようになって1年半。

今回は4回目。

なんだか行きたくなるこの場所はいつも本当に多くの気づきを与えてくれます。


例えばね普段ならお金さえかければ贅沢ってできるんですよ。

でもね自然はお金をかけるだけでは見せてくれない贅沢があります。

晴れないと行けなかったり、風がやまないと船がでなかったり

雲がどかないと見えない太陽に、タイミングよく1番でないと入れない湯の花の浮いた温泉。


これってお金さえあればいいわけじゃないんだよ。

って自然のメッセージに聞こえるんです。

自然のダイナミックさには叶わなくていつもわたしは手を合わせてしまいます。

神様の采配には叶わなくてやっぱり手を合わせて感謝します。

だってわたしよりももっともっとパワフルで大きな存在がそこにいるから。

調子乗ってる暇はなくてww

ただそんな中で生かされていることに感謝しかないんですよね。


そしてそのことを環境が教えてくれます。

自然たちが教えてくれます。

自然との共存の大切さを教えてくれます。



あそこの場に行くとおしゃれにとかどうとかもうわからなくなる。

情報に振り回されることの意味も

誰かと闘う意味も全くわからなくなる

だって感謝しかないんです。


生かされていること

自然の恵みをいただくこと

太陽の光と雨と、お休みの時間の月と

虫たちの鳴き声

私達の不要な思考を取り払うように吹く風

手を合わせたくなる環境

それらすべてが生きる上で大切なことを教えてくれる


この感覚が分からないときって自然との距離が離れすぎている時。

よかったら自分の身を自然の中に2〜3日おいてみて感じてほしい。

私達の周りには私達には到底かなわない大きな力が存在していて

そこに対して経緯を払うのか。それとも平気で無視し続けるのかは

あなたの運命を大きく変える可能性があることを。



この場所にはまた必要な方を導きたいです。

参加してくれたみんな。


ありがとう♡

ありがとう♡

ありがとう♡

愛しています♡










111回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

win-win-win