top of page
  • risayoga2006

「4種類の敵」と「4種類の友人」





皆さんは人間関係に悩むことってありますか?

私達って周りにいる人の影響を少なからず受けています。 だからこそ【誰と付き合うか】【どんな環境に身を置くか】って大切ですよね♪


今日はお釈迦様の考え方を基にして

人間関係についてお伝えするょ♡



ところでっ!

お釈迦さまはね「みんなと仲良くしなさい!」

って言わないんですよ。


意外だった⁉️

※ちなみにわたしはこの話を聞いて確かに!って思いました☺️



お釈迦さまはね人間関係について

「4種類の敵」と「4種類の友人」について説いたようなんです。




「次の4種類の人は敵であって、友に似たものにすぎない、と知るべきである。危険な道を避けるように、敵を遠く避けなさい」



お釈迦さまの言う

「4種類の敵」とは??


①何かを奪う人 ・人に与えないのに、自分が受け取るときはできるだけ多く得ようとする人 ・自分の利益のみを追求する人

②言葉だけの人 ・「あのときは、ああしてあげた」と、過去のことを恩に着せて友情を装う人

「今度、こうしてあげるから」と、未来のことに関して友情を装う人 ③口当たりのよい言葉ばかり言う人 ・目の前ではお世辞を言い、裏では陰口を言う ・うわべだけのうまい言葉を語り、中身が伴わない

④ギャンブルやお酒などに溺れる人 ・自分のやるべきことに目を向けず

飲酒、ギャンブルに明け暮れている人






「次の4種類の友人は、心のこもった友であると知るべきである」 と述べています。

お釈迦さまの言う「4種類の友人」とは?


①助けてくれる人 ・元気がないときに守ってくれる ・正常な判断ができなくなったときに、正しい行動に向かわせてくれる

②苦しいときも楽しいときも一様に友である人 ・窮地に陥っているときに見捨てない ・辛いときにも一緒にいてくれる

③自分のためを思って話してくれる人 ・悪い道に入らないように忠告したり、

大切な情報を教えてくれる人

・あなたを思って時に叱り戒めてくれる人

④同情してくれる人 ・落ち込んだ時心配してくれ

上り調子のときには一緒に喜んでくれる人 ・人から悪口を言われたときに

弁護してくれる人



人間関係の苦しみを手放すには結局「どのような人と付き合い、どのような人と付き合わないか」の基準を持つことが大切で、その基準となるものがお釈迦様の教えにある「4種類の敵」と「4種類の友人」なのです。





いいお話だよね😉


 

【現在の募集中の講座情報✨】


現在全ての講座が満席です🈵

また募集開始の際はよろしくお願い致しますm(_ _)m


【フォローしてね♪】

twitter-ぽろっと哲学や考え方つぶやいてます。



standfm-耳からヨガの考え方✨を毎週火曜日に更新中!








閲覧数:86回0件のコメント

最新記事

すべて表示

春分の日に思うこと

春分の日。 暦の上で春のスタート✨ 宇宙元旦とも言うらしいけど 実はあまり大事にしていない(笑) 冬の苦手な私の冬眠明け!ぐらいの認識 だったのに・・・笑 2024年はちょっと違った(笑) 前日父の誕生日と祖父の命日で祖母の家に行き、実家に行った私。 なぜか実家に泊まることになり。 朝ゆるりと迎えたら突然母の提案。 「服の入れ替えしたら?車使って荷物運びなさいよ!」 たしかに・・・ ダウンコートや

価値の押し付け合いをしていないか

わたしと相手は育ってきた環境が違う 育てられた人も違う だから当然同じ価値ではない わたしと相手は 同じ親に育てられても そもそもの個性が違う すると当然同じ価値ではない 自分の価値観も大事だけど 相手の価値観も大切で 自分の中でどこまでが許容範囲で どこまでが許容範囲外なのか 時に見極めることも大切な気がします。 Aさんにとっての当たり前は Bさんにとっての当たり前ではなくて どちらが正しいとい

Commentaires


bottom of page