top of page
  • risayoga2006

伝える


わたしと相手は育ってきた環境が違う

育てられた人も違う

だから当然同じ価値ではない



わたしと相手は

同じ親に育てられても

そもそもの個性が違う

すると当然同じ価値ではない



自分の価値観も大事だけど

相手の価値観も大切で

自分の中でどこまでが許容範囲で

どこまでが許容範囲外なのか

時に見極めることも大切な気がします。




Aさんにとっての当たり前は

Bさんにとっての当たり前ではなくて

どちらが正しいということはない




ただ、もしもそれで自分が傷つく時は

お互いを傷つけ合う時は

何に傷ついたのか本当はどうしていきたいのかを

伝えたほうがいい気がするのです𓂃◌𓈒𓐍



自分のことが分かるのは

目の前の相手ではなく自分自身

時に伝えないと分からないこともあり

だからこそ嫌われるかもしれないという覚悟を持ってでも

怖くても伝える選択はしたほうがいい

(※よっぽどのことがない限り嫌われないけど)




自分の価値が正解ではない

相手の価値もまた正解ではない

そもそも確かな正解を求めるよりも

お互いの心地よさのすり合わせが関係性において大切だよね𓂃◌𓈒𓐍

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

価値の押し付け合いをしていないか

わたしと相手は育ってきた環境が違う 育てられた人も違う だから当然同じ価値ではない わたしと相手は 同じ親に育てられても そもそもの個性が違う すると当然同じ価値ではない 自分の価値観も大事だけど 相手の価値観も大切で 自分の中でどこまでが許容範囲で どこまでが許容範囲外なのか 時に見極めることも大切な気がします。 Aさんにとっての当たり前は Bさんにとっての当たり前ではなくて どちらが正しいとい

コメント


bottom of page